アンサンブルドレス

アンサンブルはフランス語で、アクセサリーの組み合わせや異なるパーツの洋服を合わせたものであり、布地、色、柄、デザインなど全体で統一感を持たせる。アンサンブルドレスとは、コートとドレス、ジャケットとドレス、ボレロとドレスなど、組みあわせて着用するひと揃いになっているドレスのことです。結婚式などの礼装用では、ほぼワンピースのように上下が揃ったものがいいようです。

アンピールライン

アンピールとはアンピールラインとは、バストの下すぐにスカートと身頃の切り替えがあり、裾に向かってゆるやかに広がっているスカートがシンプルなラインのドレスのことで、帝国を意味するフランス語で、英語のエンパイヤに相当する。胸のすぐ下で切り替えがあるドレスデザインで、流れるようなシルエットが細く長く見えるので、小柄な方に適しています。

アートフラワーブーケ

手作りで作られた造花のブーケのことで、アートブーケやシルクフラワーブーケとも言う。一般的にブーケは生花を使いますが、海外挙式やリゾート挙式などには、花持ちの心配がないためとても便利です。

アームブーケ

アームブーケとは、カサブランカやカラーなど、背が高い花材のシャープな茎のラインをそのまま活かし、自然な感じに束ねたデザインのブーケのことです。クラッチブーケよりも細長く束ねた場合アームブーケと呼びます。直線的な形が大人っぽくスタイリッシュな印象であり、特にカラーの花は美しさが引き立つ形をしているので、シンプルなドレスやスレンダータイプのドレスに合わせると良いでしょう。腕に抱えて持つのでこのように呼ばれます。

アイテム

婚礼アイテムとは、結婚式、披露宴で用いられる項目や品目のことです。グレードをアップしたり、オプションで追加したり、自由に選択できるようになっています。アイテムの中でも、ペーパーアイテムというのは、プロフィール・ウエルカムボード・結婚報告はがき・結婚証明書・結婚式招待状・返信はがき・席次表・席札・式次第・メニュー・プログラム・サンキューカード等、結婚披露宴に用いられる紙で出来たアイテムのことを意味します。

アクアイリュージョン

二種類の液体を混ぜることによって起こる科学反応を利用した幻想的な演出をアクアイリュージョンと言う。透明な液体をもう一つの液体が入ったところに入れると、綺麗なブルーに発色します。ゲストテーブルに置いたり、シャンパンタワーやキャンドルサービスのかわりにされていたりなど、最近人気の演出である。

アジャスタブルカフス

カフスは袖の先につける袖口布を指し、汚れを防ぎ装飾を兼ねるものです。アジャスタブルカフスとは、袖口にボタンが2個並んで付いており、カフス周りのサイズ調整ができるようになっているカフスのことです。カフスによっては、取りはずしができるように作られるものもある。

アスコットタイ

アスコットタイとは、結んだ時にスカーフのように見える幅の広く長いネクタイのことで、フロックコートやモーニングコートなど、男性の昼用正礼装に用いる。結んだ形が蝉(せみ)に似ていることから蝉形ネクタイとも呼ばれます。着用時には真ん中の部分をスティックピン(長い針状のピン)を用いて留めます。ウイングカラーのシャツに合わせるのが原則です。英国貴族がモーニングに幅広のネクタイをつけたのが始まりだといわれています。

アトリウム

アトリウムの由来は、床に石を敷き、屋根の中央部に天窓を設け、中央に雨水を受ける水盤を置いた、古代ローマの邸宅の玄関奥にある天窓付き中庭のことです。ガラス張り天井などで吹き抜けがある広い空間を現代では指し、広義的に前庭や広間を含める場合もある。明るく開放的な雰囲気で、屋内庭園のようになっています。