ガーター

ウエスト部分につけられるベルトのことをガーターと言います。このガーターとは、もともとウエスト部分にストッキングを留めるために付けられるベルトのことを表していましたが、現在は、ひざ上までの長さのストッキングを履くときにストッキングがずり落ちないようにひもで繋げてからウエスト部分につけられます。

アメリカンスリープ

アメリカンスリーブとは、斜めに大きくカットされたノースリーブ型のデザインのことです。前から見るとホルターネックに似ていますが、後ろにも前と同様の身頃が付いている点が異なります。袖ぐりが大きく開き、肩から腕にかけてのラインを美しく強調してくれるデザインなので、スタイリッシュなイメージを与え、肩幅がしっかりある人向きです。しかしノースリーブと異なり首が支えてくれるので、なで肩でもストラップがずれる心配がありません。名前の由来はアメリカ風の開放的な雰囲気を感じさせることから命名されました。

案内状

結婚式に招くためにゲストに事前に送るお知らせのことです。電話などで結婚の日程をあらかじめ確認した上で案内を送るケースが多く、出欠席を問う目的もある。往復はがきなどを使ってゲストが返事を書きやすいように考慮します。式の3ヶ月前までには発注または制作を開始、2か月前には発送しましょう。招待状には披露宴会場の場所・時間・挙式の案内・切手をはった返信ハガキ・地図、必要によって駐車場や着付等の案内も同封するようにしましょう。

石付き

サファイアやダイヤモンドなどの色石の宝石を埋め込んだ婚約指輪のことを石付きマリッジリングと呼び、宝石を埋め込んだジュエリーのことを言う。男性にも付けやすいよう、内側の見えない部分にサファイアなどの誕生石を入れたものもあります。付いている宝石の色、形、サイズは様々であり、刻印の入っているものもあります。石付きリングはダイヤモンドが主流であるが、何故かと言うと、リングは古代から「永遠」を象徴しており、同じように「永遠」をあらわすダイヤモンドとは相性が良い、という考えからきているようです。

一文字

センターストーンがなく、メレ石のみを1列に配列したデザインリングのことをいいます。ルビーやダイヤモンドなどの石が1列のものを一文字、2列のものを二文字、3列なら三文字と呼びます。シンプルですが飽きのこないデザインであり、存在感もあるため、どのような服装にも合います。

1.5次会

結婚式の2次会と披露宴との中間にあたるパーティのことをいいます。両方の良さを生かした非常にバランスの良いカジュアルなスタイルの宴席です。会員制、会費制が多く、レストランなどで親しい友人を中心にして行うのが主流になっている。披露宴を行わないカップルが行うことが多いです。

イブニングタイ

イブニングタイとは、俗に「ホワイトタイ」とも呼ばれる、男性の夜の正礼装であるテイルコート(燕尾服)用の白のボウタイのことをいいます。テイルコートには、白の蝶タイが必ず着用される。公式の行事や正式なパーティ、冠婚葬祭などの服装規定(ドレスコード)に「ホワイトタイ」とあれば、周囲の雰囲気を損なわないために、テイルコートを正しく着こなす必要があります。

ガールズナイト

ガールズナイトとは、女性だけのパーティーです。女性だけが集まって、新婦の独身最後の日を楽しむイベントのことです。このガールズナイトのイベントの企画は、ブライズ・メイドなどが集まって行います。ガールズナイトの形式は様々で、新婦の部屋でみんなが集まってお泊り会をすることもあれば、レストランやナイトクラブ、バーなどのおしゃれな場所で集まってパーティーを催すこともある。

イミテーション

イミテーションとは宝石によく似せた模造石のことを言う。例えばキュービックジルコニアという石はダイヤモンドと同じ等軸晶系で、ダイヤモンドよりも高い屈折率をもつ合成宝石であり、廉価なジュエリーに良く用いられています。この指輪の事をイミテーションリングと呼ぶ。

色打掛

現在では正礼装とされているがかつては白無垢より格下の装いだったが、江戸時代に入って豪商や富裕な町家でも着られるようになり、次第に一般にも婚礼の礼服として普及した。色地の打掛けに金箔や刺繍がされている「キモノ・ガウン」のことを言う。