宴席料

いわゆる「会場費」「場所代」のことで、ホテル・結婚式場などのスペースを披露宴会場として使用する費用のこと。席料とも言われます。結婚式場やホテルでは、一部屋単位で「何時間いくら」で料金が発生する場合と、新郎新婦の分も含んだ、招待客一人あたり300〜500円×人数分で計算をする場合があります。

エントランスアーチ

会場の入り口やガーデンウエディングにてゲストを迎えるアーチ(緑門)のことで、バルーンを装飾に用いると、ボリューム感が出て、豪華な雰囲気を作り出すことができます。グリーンや花、オーガンジーなどをあしらったりして、装飾します。シンプルなものから、華やかなものまでデザインは幅広く、人気のキャラクターを使ったデザインにしたり、その時の季節感を表すデザインにするなど、かなり有りのままの、自由な創作が可能です。

エンハンスメント

宝石の本来持っている潜在的な美しさを引き出す目的で使われる人的手段で、エンハンスメントとは、宝石を人工的に改良することをいいます。色石のほとんどがエンハンスメント処理されています。加熱処理や、アクリル・樹脂・オイルなどの浸透処理、放射線処理などをして色や傷を改良する。自然がやり残したことを人間が補足するという考え方から、加熱処理は広く容認されています。

エンブロイダリー

エンブロイダリーレースとは、繊物やチュールに、光沢の優れた糸や箔糸を刺繍したレースのことをいい、エンブロイダリーとは、縫い取り刺繍という意味。基布になる織物に穴をあけ、その周囲を刺繍でかがった装飾用刺繍レースです。光沢と柄とで、見た目が華やかで豪華な印象を与え、穴の働きで下が透けて優雅な雰囲気になります。

エクセレント

日本においてカットは上から、エクセレント・ベリーグッド・グッド・フェア・プアの五段階に分類され、エクセレントは、ダイヤモンドのカットの評価で、もっとも優れたクラスのことです。ます。実はエクセレントクラスは「宝石鑑別団体協議会」が設けた日本のみのグレードであり、世界的には存在しないグレードです。さらにエクセレント以上のカットとして、H&C(ハート&キューピットエクセレント)と、3 Excellent(トリプルエクセレント)、さらにその上のH&C 3E(ハート&キュ−ピット トリプルEX)などを設定している場合もあります。

エタニティリング

英語で「永遠」という意味のリングで、リングの全周にとぎれなく同サイズ、同カットの宝石を留めており、とぎれることなく並んでいることで「永遠の愛の象徴」と言われます。半周程度石が留められたものを「ハーフエタニティ」と呼び、石が全周しているリングを「フルエタニティ」と呼ぶ。

エメラルドカット

エメラルドカットとは、宝石のカットの形状で、長方形にカットされたスタイルです。ファンシーカットの一種でエメラルドなどのカッティングによく使われ、カット数は50面です。エメラルドという名はギリシア語やラテン語の "smaragdos"(スマラグドス)に由来し、フランス語の "esmeraude" に至ります。

演出

結婚式、披露宴で行うイベントのことをいいます。2人らしさを表す手段でオリジナルウエディングを彩ります。近年、様々な趣向を凝らした演出があります。ゲストも一緒に楽しめるゲスト参加型の演出やゲームも人気で場が和み盛り上がり、代表的な演出として、キリスト教式挙式ではブーケトス、ブーケブルズ、ガータートスなどがある。

延長料金

披露宴が長引き、決められた時間をオーバーすると計上される追加料金のことで、会場の使用料として別途延長料金を支払う。カメラマン、司会者、演奏者などにも、それぞれ時間単位で追加料金が発生するので注意が必要です。

エンパイアライン

ハイウエストが特徴な、直線的なシルエットでクラシックなラインのドレス。バストのすぐ下で切り替えているものをエンパイアウエストと呼びます。キャミソールなどにもよく見られるデザインです。ウエディングシーンでは、マタニティドレスにピッタリのラインです。