オペラパンプス

夜の礼装服に合わせる代表的な女性用の靴のことをオペラパンプスといいます。グログラン製のリボンなどを前部に飾ったものが多い。素材は黒のエナメルかサテン、カーフスキンが一般的です。アッパーとサイドのカットが比較的浅く、婦人用ではハイ・ヒールとなったものもある。

オーダーレンタル

オーダーメイドで作ったドレスを、挙式後は店に返却するシステムのことをいいます。レンタルとは違い、新品かつ自分にぴったりのオリジナルドレスを着ることができるのがメリット。オーダーメイドと同じようにサイズやデザインや生地まで、自分の好みに合うドレスを注文でき、比較的手頃な料金でオーダーメイドを作ることができます。

お茶見せ・お茶開き

九州地方にて執り行われる、婚約の報告と感謝の意を言葉の代わりに結納品で語る結納披露の事をお茶見せと言う。福岡ではそれを「お茶見せ」「お茶開き」「お茶飲み」と呼び、結納の2・3日後から1週間前後の日取りで近所や親戚の女性を招き、頂いた結納飾りをお披露目し、仕出料理などでもてなします。

尾長

尾長(おなが)とは、和装での鬘の1種で、鬘の下から、束ねた髪が後ろに長く垂れ下がるものを指す。『御台所(みだいどころ)』とも呼ばれることがあります。大名のお姫様しか結うことが許されなかったと言われる高貴な髪形だが、今では多くの花嫁の憧れの髪型となり、和装のお披露目用の正装でもあるお打掛と組み合わせることが多いようです。

オーバードレス

オーバードレスとは、ドレスやスカートの上に、さらに重ねて着用するドレスのこと。下に着るものとの組み合わせによっては、ゴージャスさを醸し出したり、上品さを出したり、あれこれ雰囲気を調節することが可能です。下に着るドレスをシンプルなものにして、上に着るオーバードレスを違う雰囲気にすれば、着替えの時間も短縮でき、2Wayドレスになりお色直しにも使える。

オーバルブーケ

オーバルブーケとは、楕円形のデザインのブーケで、別名「ティアドロップブーケ(涙のしずく)」と呼ばれる。下方にすっとのびるキャスケードブーケと丸いラウンドブーケとの中間的な形のブーケです。ふんわりと丸く広がっていてボリュームがあるので、大きめの花や動きのある葉が映える形のブーケでもあります。キャスケードの豪華さも兼ね備えており、ラウンドを少しふっくらとさせた感じが優しい雰囲気を感じさせると同時に、花材によっては可憐にも格調高くもなります。存在感があり、あらゆるタイプのドレスに合いますが、特にプリンセスラインとの相性が良いです。

オープンキッチン

オープンキッチンとは、披露宴やパーティにおいて、ゲストに調理が見えるような調理場所のことを指し、ダイニングとキッチンの間の空間が、壁などで視覚的かつ機能的に遮断されていないキッチンのこと。カウンターから調理したての料理が直接運ばれ、演出としてもゲストから喜ばれる事非常に多い。

お子様料理

子供用料理のことをいいます。幼児や小学生など、一般的な大人のコース料理が食べられない小さい子供向けにアレンジされた料理のことであり、料金は4,000〜6,000円程度です。ゲストに子供がいる場合は、親に事前に料理をどうするか聞いた上で注文をします。

オットマン素材

オスマン(トルコ)の英語読みをオットマンと言う。オットマン素材とは、横(緯)に太いうねのある厚手の織物の事で重厚な感じの生地のことをいいます。横に太番手の糸を一ひぐちに2本以上打ち込んで織り、縦(経)には光沢のある細番手の糸を密に織り込んであります。絹、綿、毛、ポリエステルなど様々な素材で作られています。厚手でしっかりしているため、スーツ、ジャケット、コート、などに使われます。横に畝のある織物の中ではもっとも畝が大きく、くっきりと出ています。

オフシーズン

結婚式のオフシーズンは、暑さや寒さが厳しい盛夏や真冬で、2月、8月が一般的なオフピークです。この時期は、結婚式の数もかなり少なくなるので、割引率も高くなり、パックプランもお得なものが登場します。この時期に結婚式を考えている人は、あらかじめ早めに行動開始すると良いでしょう。逆にオンシーズンは春や秋です。特に4〜6月、10〜11月の連休や大安の土日は予約が集中し、人気の高い会場は1年前に予約が埋まってしまうこともあります。