アートブーケ

アートブーケとは、人の手によって作られた造花のブーケのことです。海外挙式やリゾート挙式などには花持ちの心配がなくて便利です。一般的にブーケは生花を使います。花の形が崩れにくい・時間がたっても生花のようにしおれない、バラ・胡蝶蘭・チューリップ等の花材のシーズンを気にしなくてもよい・などのメリットを持ちます。記念に残すため買い求める人も多いようです。シルクフラワーブーケやアートフラワーブーケともいいます。

アーム

毎日つけるならある程度厚みのあるものを選ぶ方が望ましいといわれている、リングの留め金や指を通す金属の輪の部分をアーム、あるいは腕・シャンクといいます。リングの印象はアーム、宝石をのせる台である石座、石座とアームをつなげる部分であるショルダー(肩)とのバランスで随分変わります。はめ込む宝石もハート型やひし型など、様々な形が存在し、アームや石座のデザインは多種多様です。

アーメン

アーメンとは、「本当に」「まことに」を意味し、ヘブライ語に起源を持つ言葉です。原意は「安定」です。牧師が「アーメン」と言ったら、参列者も続けて「アーメン」と言います。日本においては、歴史的に「アーメン」と記述されます。一般に祈りや賛美歌の終わりに置く言葉として、キリスト教において「神様に同意します」「そのとおり」「私もそう思う」という意味で使われています。

アカペラ

アカペラとは、イタリア語で「聖堂風の、教会風の」という意味で、無伴奏で合唱・重唱するを言います。イタリア語の「ア」は英語の"in"や"at"などに相当し、「カペラ」は教会を意味します。

アクアキャンドル

水を入れたガラス器に、キャンドルを浮かべたものをアクアキャンドルと言う。結婚式を引き立てる重要な演出のひとつでもあります。二種類の液体を混ぜることによって起こる科学反応を利用したアクア・イリュージョンのことをアクア・キャンドルと呼ぶ場合もあります。

アシンメトリー

左右対称をシンメトリーといい、その反対としてアシンメトリーは、不均衡、左右非対称、という意味です。右袖があって左袖はないなど、左右によって形状が違うドレスのことをいいます。シンメトリーが形、位置などが等間隔なのでバランスのとれた安定感を生み出す反面、アシンメトリーは変化やアンバランスさが特長で、しゃれた印象を表現したいときのテクニックとして有効です。

アッシャー

アッシャーとは、結婚式の進行のサポートなど会場の世話や、花婿の付添いで身の回りの世話をしたり、キリスト教会式でゲストを式に案内したりする男性のことです。挙式中に新郎の横に立つこともあります。新郎の兄弟や友人など近い間柄の未婚男性を2名から5名ぐらい選んでお願いする(新婦側と人数を揃えます)。衣装は新郎が用意する。

後撮り

結婚式前に撮ることを「前撮り」といい、結婚式の後改めて、写真などを撮影することです。反対に。また前後関係無く用いる「別撮り」という言い方もあります。通常別撮りの場合は披露宴の前に急いで撮影して、披露宴の時に写真を受付に展示したりするものですが、着物を選んで写真を撮って・・・と以外にも時間がかかります。挙式と披露宴に全力で望みたいと考えて、後撮りのプランを望む人も多いようです。ドレスなど洋装だけでなく、和装で撮影することもできます。

アトリウムウエディング

現代の建築では、複合ビルホテルやなどの吹き抜けロビーの天蓋部分がガラスなどでできている、アトリウムとはラテン語で古代ローマの都市住宅、玄関奥の天窓付き中庭のことを指す言葉でしたが、日光が差しこむスペースを指す。ホテルロビーやレストランなどの吹き抜になっているホールなどに祭壇を設けて行うスタイルは開放感があり、また一般客も往来するパブリックな場所で結婚できるとあって人気急上昇中のウェディングスタイルです。

アペリティフ

アペリティフとは、フランス語で「食前酒」という意味です。食前に飲みノドをうるおし、食欲を増進する目的で、欧米では非常に親しまれ、飲まれている。英語ではアペタイザーともいいますが、現在ではフランス語のアペリティフを用いることが多いようだ。マティーニとマンハッタンが代表的なものですが、現在ではシェリー、ブドウ酒、ベルモット、各種のカクテルなどがアペリティフとして飲まれています。近年では甘味を抑え、辛口に仕上げた低アルコールのカクテルが増えています。