ADVISER BLOG

アドバイザーブログ

ブログ

16年目のご挨拶~結婚相談所の成婚率をどんどん上げていきます~

2015年8月8日(土)

Posted By ハッピーカムカム編集部 ハッピーカムカム編集部

ども。代表の峰尾(♂、37歳)です(=⌒▽⌒=)

早いもので、本日8月8日で、ハッピーカムカムは設立16年目を迎えますビックリマーク

ひとえに、会員様の皆様、ご紹介者様、提携会社様 、

スタッフの人力のおかげだと思っています。

改めて、この場を借りて、感謝の意を表したいと思います。

スタッフは30代、40代ですが、業界では老舗といわれるようになりました。

我ながら、貴重な相談所だなぁと思います笑

会員様の属性として、昔と異なる点としては、

おかげさまで結婚相談所が身近な存在になったからか、

幅広い年齢層の方がいらっしゃるようになりました。

最近では、親子でご入会された方もいらっしゃいました^^

もう一点の傾向としては、ご入会の前に、

恋愛相談に来られる方も増えました。

主には、今の彼、彼女と結婚すべきかどうかという点です。

結婚相談所の使命は、皆さんに幸せな結婚をしていただくことです。

結婚だけなら、だれでもできます。

しかしながら、幸せになられなければ、結婚をする意味はないのです。

相談内容によっては、そのまま結婚への後押しをすることもありますし、

アドバイスをすることもありますし、時にはお付き合いを辞めることをアドバイスすることもあります。

もちろん、当社にご相談に来られる前に、ご両親にご相談をされていることがほとんどです。

そこで思うのが、母親の意見は、「結婚は妥協なんだから我慢しなさい」

父親の意見は、「そんなにつらいなら他を探しなさい」

見事に意見がわかれるため、客観的な意見を聞きに、当社に足を運ばれるのかもしれません。

その理由として、

20代、30代の会員様のご両親世代は、今に比べると、結婚は男性優位だったことが考えられます。

男性は、一番と思える女性にプロポーズをしますが、女性は、自分からアプローチをすることが出来ず、

一番と思える男性ではなくても、結婚を受け入れる・・・

その代表的な例として、熟年離婚が存在するのではないでしょうか。

そういう意味で、結婚相談所とは、女性も結婚相手を選べるのだという

カウンター的な場所であるといえます。

ですので、当社では、男女共に、必ず「納得のいくお見合い」

を実現していただくよう、ご紹介とお見合い成立に力を入れております。

それが、昨年のご成婚率51.6%(1年以内)という実績につながったと思います。

しかしながら、会員様にとっては0か100です。

限りなく100%を目指さなければならないと思っております。

今後も、スタッフ一同、会員様のために尽力させていただきたいと思っております。

引き続き、応援のほど、お願い申し上げます。