英語で婚活PRを考える

こんにちは。ハッピーカムカムの大前です(*^▽^*)
さて、先日はアドバイザーの岡部が「ビジネスを恋愛で考える。」
を書きましたが
関連したことでまた少し違った視点で書いてみますね。
つづきとして
今回は「英語で婚活を考える。 」
皆さん英語で、自己紹介1分してくださいといわれてすぐできますか?

きっと
「I am ○△×!SGD・・・(パニック!)」
のようにかたまってしまう方が多いのではないでしょうか。Σ(゚д゚;)
大丈夫です、私もすぐできませんしわかりません(笑)。
ここで何を言いたいかというのは別にあり
多くの人は、
「I am ○○」

・私の名前は、○○です。
・職業は△△をしています。
・趣味は○△です。


「am」、「is」
会社のPRであれば、

・当社の製品は、○×という技術をもっています。

「have」
am、is、haveで9割くらいがとまってしう傾向があるのですが
これだけでは自己完結してしまうため、相手はその人、会社と関わることでのメリットを想像しにくいですよね。
あくまでも
自分からはじまり、自分に終わってしまいます。
ここで、他者との関わりを深めていくには
「deliver」(価値をうけわたす)

「shere」(共有する)

という概念が必要です。
ここではじめて、【自分→他者】へ価値が還元されます。
例えば、相手はあなたと一緒にいることで何がメリットになるのでしょうか?

相手がメリットを感じるというのは、
視点を変えてみると自分が相手に価値を与えているということ。
婚活だったら、例えば何でしょうか?

・パワーがでるようなはつらつとした笑顔
・ほっと和むような安らぎ
・多少のことでは動じない安定感

etc…
いろいろとあるのではないでしょうか。

自分は相手にどんな価値を与えることができるのか?
ここが表現でき伝わるようになってはじめて
Shere

“分かち合う”
という段階にはいるような気がします。
さて、皆さんはどんな長所をもっていて(have)、
どういう価値を他者に提供することができて(deliver)、
どのおうな感動を他者と分かち合う(shere)

ことがができるでしょうか?
少しでも皆さんの気づきに
役立てていただけたら嬉しいですハート
つづく。

キラキラハッピーカムカムキラキラ

ハッピーカムカム公式YouTubeはこちら