ADVISER BLOG

アドバイザーブログ

成婚ニュース

ご成婚レポ~20代地方公務員~

2019年7月8日(月)

Posted By ハッピーカムカム編集部 ハッピーカムカム編集部

こんにちは、ハッピーカムカムの大前です(*^▽^*)

さて、成婚の秘訣は実際上手くいった方の体験談が
ヒントになるかと思いますので

最近ご成婚が決まった方の成婚ストーリーをご紹介いたしますね。

======================

Kさん(女性 20代 地方公務員) Yさん(男性 20代 公認会計士) 

1.結婚相談所を利用したいと思ったきっかけは何ですか?

Kさん:
自分だけで結婚に繋がるご縁を探すことに限界を感じたため。

2.ハッピーカムカムを選ぶ前にご検討した相談所等はありますか?

Kさん:

ありません。

3.ハッピーカムカムを選んでいただいた決め手は何でしょうか?

Kさん:

インターネットの口コミ評価が高かったことと、初回カウンセリングで丁寧に話を聞いて頂けたので。

4.相談所を掛け持ちでご活動していましたか?

Kさん:

していません。

5.ハッピーカムカムは、ほかの相談所と違って、どんなイメージ、もしくは、ハッピーカムカムならではの部分があれば、お教えください。

Kさん:

電話やメールなどの連絡がとても迅速で、相談したいことがあるときはすぐに対応して頂けたので心強かったです。

6.今の旦那(奥)様と出会えるまで、お見合いは何回されましたか?

Kさん:

3~4回くらいだったと思います。

7.結婚を意識されるまでに所要したお時間は?又、きっかけは?

Kさん:

「結婚してみたらどうなるかな」と想像したのは4か月目くらいですが、覚悟が決まるまでは半年かかりました(笑)

もう一つの大きなきっかけは、不満が溜まって相手に思っていることをぶつけた時に、私のことを第一に考えた真摯な対応をとってくれたことです。この人なら長く一緒に居られるかもしれないと思いました。

8.プロポーズの言葉とシチュエーションを教えてください。

Kさん:

「結婚してください」と言って頂きました。ディナークルーズの個室という、映画の世界みたいなプロポーズで吃驚しました。

9.将来どのような家庭を築いていきたいですか?又、そのために努力していきたいことがあれば、教えてください。

Kさん:

辛いことがあったときも、逆にたのしいことがあったときも、「帰りたいな」と思えるような家庭を築きたいです。

やりたくないことを無理してやったり、言いたいことを我慢をしたりしないことが大切だと思います。

対話を忘れず、お互いを尊重するよう心掛けていきたいです。

10. T様にとって婚活はどのような時期でしたか?

Kさん:

いままで自分のことをよく知らずに生きてきたので、自分を知ることや自分の感情と真っ直ぐに向き合う必要があり、慣れないことだったので、とても苦しかったです。

ですが、途中から「もしご縁がなくても、婚活を頑張ったことで得られる自分自身の変化があるはず」と思えるようになりました。

ほんのすこしですが、始める前よりは成長したような気がします。

11.これから当社にご入会される方へのメッセージを一言お願いします。

Kさん:

ハッピーカムカムさんは、会員さんに何かを強制することのない相談所です。

言い換えると、常に自分から動かないといけないのですが(笑)、準備運動に付き合い、歩き出すまでサポートしてくれ、走っているときは応援してくれ、躓いたときはフォローに駆け寄り、立ち上がれないときは慰めてくださいます。

自分の足で走らなくてはいけないことに変わりはないのですが、ひとりでどこか変なところに放り出されて迷子になることはないです。

ここでなら、安心して活動を始めて頂けると思います。

======================================

担当:大前

Kさんは、ご自身でも書かれておりますが

「結婚してみたらどうなるかな」と想像したのは4か月目くらいですが、覚悟が決まるまでは半年かかりました(笑)

という言葉通り

お見合い後、仮交際3ヶ月。

その後仮交際のままその間、他の方と一切合わず延長戦に突入。

本交際=ご成婚くらいのタイミングでした。

会員様の中には、すぐに本交際に入らず

本交際に入るということは、結婚するという覚悟を持ってからという方もいらっしゃいます。

逆に言えば、覚悟を持つことができたら早いのではと思います。

Yさんは、とにかく最初からずっとKさんに一途で

不器用ながらも一生懸命想いを伝えたからこそ

Kさんに想いが届いたのではと思います。

交際期間中は、私とYさんの担当者で

プロポーズのタイミングも含めよく相談しあい

人の仲介あってのことだとも思いますが

Kさんが自分を知ること、自分の感情と真っ直ぐに向き合う課題から逃げずに取り組んだ結果でもあると思います。

Yさんは純粋でどちらかというと、恋愛では器用なタイプではないように伺っておりましたので

プロポーズがディナークルーズの個室という、映画の世界とのことで私も吃驚しました!

Kさんに少しでも楽しんでもらいたい、喜んでもらいたいという

彼の純粋な気持ちや想いからではないでしょうか。

お二人ならきっと素敵な家庭を築かれると思います!

末永くお幸せに・・・

最後まで諦めなければ、このように幸せを掴むこともできるという希望に繋がり

是非、皆さんの活動で少しでもお役にたてたら嬉しく思いますハート

つづく

キラキラハッピーカムカムキラキラ

ハッピーカムカム公式YouTubeはこちら