ADVISER BLOG

アドバイザーブログ

恋愛相談

肉食、雑食、草食動物から考える恋愛体質~肉食系男子、草食系男子の落とし方~

2015年10月16日(金)

Posted By ハッピーカムカム編集部 ハッピーカムカム編集部

ども。代表の峰尾(♂、37歳)です。

マスコミがよく使用する肉食、草食という言葉に対し、一般的に肉食=ガツガツしている。
草食=なよなよしている。
というイメージがつきまとう。
そのイメージからもくる
「最近の若い男性は草食化している」
ともいわれ、そのようなことからおこる恋愛相談も多いような気がする。

ハッピーカムカムアドバイザーブログ-tora
では、彼ら動物ははたしてどうかを考えてみた。
虎やライオンがガツガツしている様は、僕は一度もみたことがない。
彼等は、肉食故に、無駄な脂肪を身につければ命取りなため、
非常に効率的な動き方をする。
獲物の一番栄養価が高い内蔵のみを喰らい、脂肪分の高い部分や
その他の部分や部分は、景気よく残してしまう。
で、それを食べるのは雑食。
いわば、おこぼれ頂戴的なハゲタカに近いだろうか。
もし虎が最初から肉食と知らず、あのボーッと寝ている姿を見て
いたら、草食動物と間違えるかもしれない。
それだけ、肉食は必要な時以外は動かず、無駄な動きをしない。
そして草食は、又違う動き方をする。
よく肉食動物は目が前についており、草食動物は目が横について
いると言われるだけあり、情勢の動きを見計らうのが大変上手い。
うまく肉食動物のフィールドから避けながら、我が道を行っている感
がある。
会社などを経営していると、よく、社長さんは肉食が多いような
イメージをもたれることも多いが、経営スタイルは十人十色なので、
様々なタイプがいてはじめて経済界も上手く行くものだ。
僕の定義は、
肉食=無駄な動きをせず、目標達成に一番乗りをしたがるタイプ
雑食=主に肉食の周辺におり、肉食のおこぼれをもらう術が上手い
タイプ。太鼓持ちに多い。
草食=肉食とは違う意味で競争を嫌い、我が道を行くタイプ。
人との競争よりも自分との戦いを尊しとする。
として、説明をしている。
対女性に対していえば、パーティーなどで、我先に一番人気の
ありそうな女性に声をかけ、落とすまで頑張るのが肉食男子。
その横で、人気女子グループのメンバーに声をかけるのが雑食男子。
肉食とは極力離れ、グループ同士で仲良く話しているのが草食男子。
全く交流をしないのは、無気力男子。
女性は是非参考にしてもらいたい。
恋愛は、人間の本質が如実に表れるので、生き方にもよく表れるので。
わかりやすい例で言えば、
肉食=織田信長
雑食=豊臣秀吉
草食=徳川家康
天下人すらも、結局は自然の摂理の中に過ぎない。
さて、改めてあなたはどの動物の行動をしていますか?

ハッピーカムカムアドバイザーブログ-banner