MARRIAGE AGENCY COLUMN

結婚相談所コラム

はじめての結婚相談所

【結婚相談所】の料金・費用が高い4つの理由とは?費用内訳と選び方のポイント

結婚相談所は、費用が高いイメージがあり、敬遠している人も多いのではないでしょうか。

実際、結婚相談所の料金は、他の婚活サービスに比べると高額です。しかしながら、それだけの理由がしっかりあります。

そこで今回は、結婚相談所の費用の高い理由や内訳を解説します。

また、料金・費用の安い婚活サイトとの違いや、結婚相談所を選ぶ時のポイントも一緒に説明しています。

結婚相談所の料金・費用内訳/相場

まず、費用の内訳を見ていきましょう。結婚相談所の料金・費用は、大きく分けて4種類あります。

初期費用
月会費
お見合い料
成婚料

一般的に、この4種類が設定されています。結婚相談所によっては、オプション費があります。ひとつずつ、費用に含まれるサポートや相場をみていきましょう。

初期費用は入会金やシステム登録料が含まれる

初期費用は、結婚相談所に入会するときに必要な費用です。費用の名称は結婚相談所により異なりますが、一般的には

入会金
登録料
サポート費

などと記されています。

費用に含まれるサポート

プロフィール作成料
個人情報のシステム登録料
アドバイザーとのカウンセリング料

料金相場は、5万円〜20万円です。初期費用の設定は、結婚相談所ごとに異なります。

入会金を安く設定して、結婚相談所へ入りやすくしているところもあれば、入会金は高めでも、月会費を低くして継続をしやすくしているところもあります。

月会費は活動するために毎月固定で必要

月会費は、活動している間は毎月固定で必要になる費用です。お見合いを一度もしなかった月でも、休会申請をしていなければ月会費はかかります。

費用に含まれるサポート

お見合いのお申し込み費用
システム利用料
アドバイザーのカウンセリング(メール、電話、対面)料

料金相場は、1万円〜2万円です。

結婚相談所によって、入会金を安くすることで月会費を高くしているところや、月会費にお見合い料が入っていて高く設定しているケースもあります。

お見合い料はお見合いセッティング費用

お見合い料は、お見合いが成立したときに必要な費用です。

費用に含まれるサポート

紹介料
セッティング費用

アドバイザーは、お見合いが成立すると、お見合いする場所にちょうどいい立地(ホテルラウンジなど)を検討し提示してくれます。

お見合い料を設けている結婚相談所と、設けていない結婚相談所があります。お見合い料がないと、初期費用や月会費が高く設定されているケースがあります。

とにかくたくさんの人と出会いたい人にとっては、長い目でみると費用を抑えて活動できる点は、メリットになります。

ただ、真剣交際に入ると、お見合いはできなくなるため、月会費などにお見合い料が含まれていると、余分に支払うことになってしまいます。

お見合い料がないと、お見合いをしない月に、余分な費用がかかりません。また、とりあえず会ってみようがなくなり、1回ずつのお見合いが真剣になるため、成果が出やすくなります。

成婚料は結婚相談所への成功報酬

成婚料は、結婚相談所を成婚退会するときに必要な費用です。料金相場は、5万円〜50万円です。

成婚料を無料にしている結婚相談所もあります。成婚料が無料の場合、月会費などが高く設定されていることがあります。

月会費が高いと、長く在籍してもらった方が結婚相談所の利益になるため、成婚にこだわりがないケースがあります。

成婚料がある場合、会員が成婚することで結婚相談所にプラスになるため、多くの会員が成婚できるよう、活動状況の把握・管理をしてくれます。

結婚相談所の費用が高い4つの理由

結婚相談所の料金の内訳が分かったところで、結婚相談所が高い理由をみていきましょう。費用が高いと言われていますが、本当に高いのでしょうか。

結婚相談所は、結婚願望のある人が集まり、成婚することが目的です。

そのためには、アドバイザーからの手厚いサポートの他にも、セキュリティの高いシステムの構築や、結婚願望のある会員を集める必要があります。

高い理由を知ると、結婚相談所の費用の妥当性が分かります

成婚(婚約)がゴール

結婚相談所でのゴールは、『婚約する』ことです。結婚相談所では『成婚』と呼ばれ、一般的には婚約をしたら成婚退会します。

例えば、他の婚活サービスの婚活パーティーでは、ゴールは『出会うまで』です。数時間だけのサポートのため、料金は無料〜数千円とお手頃です。

結婚相談所では、ゴールまでの壁が高い分、活動段階ごとのアドバイスに加え、活動の把握や管理を徹底しています。

そのため、システム料や人件費がかかり、他の婚活サービスより費用が高くなります。

徹底したトータルサポート

結婚相談所では、入会から成婚までアドバイザーから手厚いサポートが受けられます。活動内容は、決められた流れに沿って進めます。

入会→お見合いお申し込み→お見合い成立→お見合い→仮交際→真剣交際→成婚

アドバイザーは、活動段階に合った注意ポイントや、悩みに寄り添った客観的なアドバイスをしてくれます。

このサポートは、電話やメール、対面でも対応してもらえるため、2人3脚で活動を進めていきます。

結婚相談所は、一人ひとりの活動状況を把握するシステムや、経験豊富なアドバイザーの人員確保や教育に力を入れています。

会員プロフィールの信用性の保証

結婚相談所の会員は、結婚願望があり、本気で婚活している人に限られます。

そのため結婚相談所は、会員の信用性を保証するため、個人情報書類の提出依頼と、本気度に見合った金額設定をします。

費用を低く設定してしまうと、婚活を目的としていない人も入会してしまう恐れがあります。

入会時のさまざまな提出書類は、独身であるか、学歴や年収の信憑性を保証します。

一般的な提出書類

本人確認書類(免許証・パスポート、写真付きの社員証など)
独身証明書
卒業証明書
収入証明書

個人情報を扱うことで、その分セキュリティにコストをかける必要があります。結婚相談所の質を保つために、ふさわしい料金設定になっています。

セキュリティーが高く使いやすいシステムの構築

結婚相談所のシステムは、

開発費
運用費
維持費

などの費用がかかります。

その一つが、異性を検索するデータベースです。データベースには、会員の顔写真やプロフィールなど個人情報が載っています。

セキュリティーが高く、かつ会員が使いやすいシステム構築には、最先端の設備を整える必要があります。そのため、システム利用料として月会費に含まれています。

結婚相談所に入会するメリット

結婚相談所は、他の婚活サービスよりも費用が高額だからこそ、手厚いサポートを受けられます。安心安全でスムーズな婚活ができるのは、結婚相談所ならでは。

具体的な結婚相談所に入会するメリットをご紹介します。

アドバイザー(仲人)から客観的なアドバイスがもらえる

自己流の婚活で、先に進まないのであれば、第三者からの客観的なアドバイスで、新しい視点を得るきっかけになります。

他の婚活サービスを利用して出会っても、音信不通になってしまったり、交際になかなか発展しないという人もいると思います。

あまり客観的な意見をもらえず、友人や家族で相談できる人がいても、お相手のことも分からないため、なぐさめで終わってしまうことも。

結婚相談所では、お相手のアドバイザーともやりとりしています。そのため、お相手のプロフィールや性格を考慮した上で、経験豊富なアドバイザーから客観的意見をもらえます。

それにより、お相手との関係の軌道修正を迅速にできるため、成婚までの道のりが早くなります。

活動会員の真剣度が高い

結婚相談所は、良い意味で敷居を高くして、気軽な出会い目的で入会しないための対策をしてます。

会員の真剣度を高めるポイント

他の婚活サービスより高い費用が必要
独身証明書やその他証明書の提出も義務のため、その書類を集める労力が必要

真剣な婚活のために、行動をした人が結婚相談所に入会します。その結果、本気で婚活がしたい人が集まり、お互い真剣な出会いにつながります

効率的に婚活ができる

入会後は、効率的に婚活ができるポイントがいくつかあります。

効率的に婚活できるポイント

アドバイザーと活動の計画を立てる
流れに沿って活動する
お断り時はアドバイザーからお相手に言うので尾を引かない
数万人の会員の中から選べる

入会後のアドバイザーとのカウンセリングでは、活動の計画を立てます。計画を元に、目標を持って活動ができるため、身を引き締めて活動ができます。

そして、入会し活動を開始すると、一般的には決められた流れに沿って活動します。

入会→お相手探し→お見合い成立→お見合い→仮交際→真剣交際→成婚

お相手探しは、結婚相談所によりますが、大体数万人の会員の中から探します。他の婚活サービスでは、お相手に出会えても数人だったり、結婚願望が無い人もいるかもしれません。

お見合いをして、関係を継続したいのであれば、仮交際希望を出します。仮交際に進むと、お相手と関係を深める段階になります。

アドバイザーからのアドバイスはもちろん、段階ごとに期限があり、「関係が先に進まないまま何年も経ってしまう」ことを避けられます

また、仮交際していたけれど、お断りしたい場合は、アドバイザーから伝えてもらえるため、尾を引きません。流れに沿って、どんどん活動を進められます。

費用が安い婚活サイトとの違い

さまざまな婚活サービスがありますが、その中でも同じ形態の、婚活サイトとはどのような違いがあるのでしょうか。婚活サイトでは、一般的に以下の流れで活動します。

 入会→お相手探し→お相手にいいね→マッチング→システム内でやりとり→退会

婚活サイトも、結婚相談所のように、アプリなどのシステムからお相手を探します。では、具体的にどんな違いがあるのか解説していきます。

知り合うまでがゴール

婚活サイトでは、カップルになることを目標としていますが、付き合うまでのサポートはありません。アプリなどでお相手を探して、マッチングすると連絡が取れるシステムです。

婚活サイトによっては、システムがお相手の好みを把握して、気が合いそうな異性をピックアップしてくれる機能もあります。

マッチング後は、システム内で自由にやりとりができるようになり、退会してもマッチングした相手とのやりとりも自由です。

干渉されずに活動したい人には適していますが、交際中もサポートが欲しい人には不向きです。

アドバイザー(仲人)のサポートがない

婚活サイトでは、アドバイザーがいないことがほとんどです。婚活サイトによっては、デートのセッティングをしてくれたり、相談すると答えてくれるケースもあります。

しかし、結婚相談所のように、交際状況を把握し管理しているわけではありません。背景が分からない相談の回答は、一般的な回答になりがちです。

お相手との関係の進め方に悩んでも、的確なアドバイスをもらうことは難しいでしょう。

実際に会うまでに時間がかかる

婚活サイトは、マッチング後にやりとりし、会う約束をします。やりとりができることはメリットもあり、会うまでにお相手のことや、話が合う人なのかも判断できます。

ところが、マッチングしてやりとりをしていても、必ず会えるわけではありません

結婚相談所では、お見合い成立後はお相手とやりとりをする前に、お見合いをします。数日のやりとりの時間を省けるため効率的です。

お相手が独身か確認ができない

婚活サイトで、独身証明書の提示を求めることは稀です。そのため、本当にお相手が独身かどうかを判断できません

「婚活サイトで出会い、関係をすすめていたけれど既婚者だった」ということも起こり得ます。結婚相談所では、独身証明書の提出義務があるため、安心して婚活ができます。

お相手が結婚を視野に入れているか分からない

結婚願望を持って活動している人も、もちろんいます。しかし、費用が安いため気軽に入会できることから、すべての会員が結婚願望がある人とは限りません

結婚願望がない人と出会ってしまう可能性もあります。結婚相談所では、結婚願望のある人が集まっているため、そのリスクは極めて低いでしょう。

失敗しない結婚相談所を選ぶ時の5つのポイント

高い費用が必要なため、結婚相談所選びに失敗したくないものです。

もし、悪質な結婚相談所に入会してしまうと、お見合いが成立しなかったり、高額な解約料の請求などのトラブルになることがあります。

結婚相談所を選ぶときには、5つのポイントを入会前に確認してみましょう。

活動開始1年以内の成婚率の高さ

成婚率を確認しましょう。結婚相談所業界全体の成婚率は、1割程度と言われています。

その中で成婚率を提示できる結婚相談所は、それだけ成婚にこだわりと自信があります。ただ、成婚率は過去の実績であり、高ければ成婚できるわけではありません

また、あまりにも高すぎる数値は、計算方法を変えているケースもあるため、正式な計算方法で求められた数値かチェックが必要です。

一般的な成婚率の算出方法は以下になります。

「成婚者」÷「会員数」=「成婚率」

正式な数値で成婚率が高く保たれている結婚相談所では、手厚いサポートを受けられる証拠なので、一つの目安にしましょう。

異性の活動会員数の多さ

お見合いを申し込める異性の会員数は重要です。

結婚相談所では、一般的には大手結婚相談所連盟に加盟しています。加盟している結婚相談所の会員、約数万人の中からお相手を見つけられます。

しかし、結婚相談所連盟と契約しておらず、会員数も非公開にしている結婚相談所は、入会後にトラブルになることがあります。

例えば、1ヶ月に数人しかお相手を紹介されなかったり、なかなかお見合いが成立しない事例もあります。

大手結婚相談所連盟と提携している結婚相談所が安心です。

アドバイザー(仲人)のサポート体制

アドバイザーと、連絡が取りやすいかチェックが必要です。

結婚相談所では、いつでもアドバイザーに相談ができるように、対面はもちろん、メールや電話ですぐ相談できるようサポート体制を整えています。

しかし、結婚相談所によっては、システム内でしかメッセージのやりとりができなかったり、対面でのカウンセリングを実施していないこともあります。

自由に活動をしたい人にとっては最適ですが、サポートして欲しい人にとっては不利になってしまいます。

オプション料金が発生するサービスがあるか

必ずかかる費用以外に、オプション料金があるか聞いておきましょう。出張仲人や、デートの予行練習の依頼を、オプション料金で依頼できる結婚相談所もあります。

また、オプション料金を事前に確認しておくことで、予想外の出費を避けたりトラブル回避に繋がります。

クーリングオフ・返金制度はあるか

入会後に退会せざるを得なくなった時のため、クーリングオフや返金制度があるか確認しましょう。

クーリングオフ制度は、契約から8日間以内であれば、理由を問わず解約ができる制度です。返金保証も法律により決まっています。

サービス開始前は、違約金3万円を引いた額が返金
サービス開始後は、違約金2万円or契約残金20%を引いた額が返金

上記のように法律で決められているにもかかわらず、高額な違約金を請求される事例もあります。被害に合わないためにも、事前の確認が重要です。

結婚相談所の料金に関してよくある質問

結婚相談所での活動は、トータルでどのくらいの費用がかかるか、気になる人も多いのではないでしょうか。

月会費やお見合い料がかかるため、活動状況によって一人ひとりトータル費用は異なります。一般的な期間や回数が分かると、おおよその目安がつくでしょう。

そこで、費用に関係するよくある質問をまとめました。

成婚までの平均活動期間は

平均の在籍期間は1年前後です。成婚者の中の最も多い在籍期間は6〜7ヶ月です。数回目のお見合いで運命の方と出会われて、数ヶ月で成婚退会する方もいます。

成婚までの平均のお見合い人数は

平均のお見合い回数は、男性11回、女性9回です。成婚者の中で最も多いお見合い回数5〜9回です。

女性と男性で料金相場に違いはあるか

費用に男女差を設けている結婚相談所は滅多にありません

お見合い時のお茶代は、男性がお支払いするルールにしている結婚相談所も多いため、トータル的に男性の方が高くなってしまうこともあります。

年齢による料金相場の違いはあるか

一般的には、年齢で費用の差はありません。20代など、経済的に入会しづらい年代が入会をしやすいように、料金を低めに設定している結婚相談所もあります。

費用が高くても早く結婚に近づける

結婚相談所は、他の婚活サービスに比べると費用が高いのですが、スムーズに婚活がしたい人は結婚相談所がおすすめです。

他の婚活サービスとは、目標にしているゴールが違うので、結婚に近づけるサポートが充実しています。

アドバイザーからのアドバイスは、今までの活動で見えなかった視点に気づけるため、自分自身が成長しながら婚活を進められるでしょう。

今回は、結婚相談所の料金が高い理由の解説をしました。

「費用の内訳は分かったけれど、入会するかはまだ決められない」という方もいるでしょう。

結婚相談所では、無料相談会を実施しているところもあります。納得した上で入会するためにも、ぜひお話だけでも聞きに行ってみてください。

Copyright© 東京 恵比寿・銀座の結婚相談所ハッピーカムカム , 2024 All Rights Reserved.