MARRIAGE AGENCY COLUMN

結婚相談所コラム

カテゴリー

職業(医師・弁護士・薬剤師)

結婚相談所で弁護士と出会える?弁護士が結婚相手に選ぶ女性のタイプは?

2022年5月17日

結婚相談所 弁護士

「弁護士の方と結婚したい!」

弁護士といえば、高学歴で高収入、社会的なステイタスも高い職業のひとつ。スマートで知的なイメージもありますね。そのため「弁護士の方と結婚したい」という女性は多く、男性弁護士をめぐる競争率は高いと言えるでしょう。

そんな人気の弁護士は、どんな相手を結婚相手として選ぶことが多いのでしょうか。また弁護士の方と出会い、結婚を前提としたお付き合いをするチャンスをつかむためには、どんな婚活方法がベストなのでしょうか。

・弁護士はどんな相手と結婚することが多い?
・結婚相談所で弁護士と出会える?
・弁護士が相手に選ぶ女性のタイプは?

弁護士との結婚を希望する方に。弁護士と結婚するメリット・デメリットや、弁護士との結婚生活で心得ておきたいことなど、まとめてご紹介いたします!

弁護士は「結婚したい相手の職業」でも人気!

結婚相談所 弁護士

弁護士というと「高収入」「国家資格を持つ仕事」「正義感が強そう」などというイメージがありますね。実際に弁護士は、収入もステイタスも高い職業で、婚活市場の「結婚したい相手の職業」でも人気を集めます。

「弁護士との結婚」にバラ色の結婚生活のイメージがあるかもしれませんが、実際に弁護士の方と結婚したら、どんな結婚生活が待っているのでしょうか。また弁護士の方との結婚には、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

弁護士と結婚するメリットとは

日本の「三大国家資格」といえば、弁護士、医師、公認会計士。弁護士は国家資格を持つエリート職なので、社会的な評価も高く、一目おかれる立場にあると言えるでしょう。

そんな弁護士の方と結婚すると、このようなメリットがあると考えられます。

・経済的な余裕のある結婚生活が送れる
→弁護士は高収入が期待できる職業。専門分野や経験年数などによっても変わりますが、経済的な余裕が期待できます。

・社会的なステイタスが高い
→弁護士はステイタスも高く、社会的な信頼度もあるお仕事なので、マイホームのローン審査などにも通りやすいというメリットがあります。

・法律に関する豊富な知識がある
→弁護士は法律の専門家。日常的なトラブルに見舞われた時なども、法的な知識で対処することができます。

難しい司法試験を突破した弁護士は、社会的にも高く評価される職業です。「弁護士の妻」というだけで、周囲から尊重されることもあるでしょう。

弁護士と結婚するデメリットも‥

弁護士との結婚生活にはメリットが数多くありますが、「弁護士の妻」ならではの大変さもあります。ここでは、弁護士との結婚で予想されるデメリットについて、見てみましょう。

・家事・育児の分担は期待できない
→弁護士は多忙で責任のある職業。日々仕事に追われるため、家には不在がちになります。弁護士の夫に育児や家事の分担を期待することは難しく、家事や育児をワンオペでこなすことになる可能性も。

・社会的な信頼に応える努力も必要
→弁護士は信用第一のお仕事。弁護士本人にも家族にも、常にある程度の「品行方正さ」が求められます。

・弁護士の仕事はストレスも多い
→基本的に弁護士は、人間関係の争いに関わるお仕事。重い案件を抱えて、メンタル的に不安定になることもあります。

刑事事件などを担当する弁護士は、依頼者や相手から逆恨みされる可能性も考えられます。弁護士という職業は責任が重いだけでなく、ストレスを抱えることも多いと言えるでしょう。

弁護士の妻はそんな夫に寄り添い、暖かく支えてあげられるタイプが向いているかもしれません。

弁護士男性と出会いたい!結婚したい!

結婚相談所 弁護士

「独身の男性弁護士に出会いたい!」

弁護士は法廷などの場で活躍する「法律のプロ」。法曹関係者でも無い限り、日常生活で弁護士の方と自然に知り合う機会など、なかなか無いでしょう。

それでは独身の弁護士男性と出会い、結婚を前提としたお付き合いを始めるには、どんな場所で婚活をするのが良いのでしょうか。また弁護士の男性は、どんな場所で出会った相手と結婚するケースが多いのでしょうか。

弁護士はどんな相手と結婚することが多い?

一般的に弁護士の結婚相手は、法律関連の仕事に従事する女性が多いと言われています。同じ法律事務所で働く女性や、大学時代のクラスメイトと結婚するケースなどがよく見られます。

・職場の同僚の女性
→同じ法律事務所で働く秘書や事務などの女性と結婚するケースが多い。

・学生時代からお付き合いしてきた女性
→司法試験に向けて一緒に勉強してきた同級生と結婚することも多い。

多忙な弁護士は長時間にわたって職場で働くので、職場の身近な女性と親しくなり、結婚することも多いのでしょう。同僚の女性なら、弁護士の仕事への理解が深いということもあります。

また弁護士の方は、共に学生時代を歩んだ同級生の女性と結婚するケースも多く見られます。弁護士という職業はまだ20代の駆け出しの頃から、ある程度の高収入が見込めるので、早いうちから結婚して身を固める方が少なくないのです。

結婚相談所で弁護士の方と出会える?

同じ職場の女性や、学生時代の恋人と結婚することの多い弁護士ですが、もちろん全く別のフィールドで結婚相手を探す弁護士の方も多くいます。

弁護士の方が婚活の場として選ぶことが多いのは、「結婚相談所」です。いまは婚活アプリや婚活サイトで結婚相手選びをする方も少なくありませんが、弁護士の方は積極的に婚活アプリやサイトで出会いを探すことは少なく、結婚相談所に登録することが多い傾向があります。

弁護士の方が進んで結婚相談所を選ぶ理由としては「相手の身元がはっきりしているから」という点が挙げられるでしょう。結婚相談所に入会するには、「身分証明書」「独身証明書」などの各種書類を提出し、身元を明らかにする必要があります。

<結婚相談所の入会時に必要な書類>

・本人確認書類(運転免許証、パスポートなど、写真付きのもの)
・住民票
・独身証明書もしくは戸籍謄本

・在籍証明書(源泉徴収票・健康保険証・社員証など)
・源泉徴収票・確定申告書など(直近のもの・男性は必須)

・卒業証明書:卒業証書(コピー可)
・資格証明書(プロフィールに記載する場合)

結婚相談所のプロフィールに「年収」「学歴」「資格」などを登録する際には、その内容を証明する書類の提出が必須になります。そのため結婚相談所のプロフィールは、経歴が詐称されている心配がなく、確実に信頼することができます。

結婚相談所に入会するためには、必要書類をキッチリ揃えて提出する手間がありますが、結婚相談所に登録している方は「身元がしっかりした方ばかり」という多大なメリットがあります。

弁護士は何よりも信用が大切なお仕事。結婚相手を探すにも、身元のしっかりした女性と効率よく出会える結婚相談所が都合が良いのです。弁護士男性と出会うためには、結婚相談所に登録して、「弁護士の方」という希望条件でお相手探しするのが一番の近道でしょう。

弁護士が結婚相手に選ぶ女性のタイプは?

結婚相談所 弁護士

弁護士の方と結婚を前提とした出会いをするには、結婚相談所で婚活を始めるのが有利な方法。とはいえ弁護士は人気の職業なので、結婚相談所での弁護士男性をめぐる競争率は高いと言えます。

それでは、そんな競争に勝ち抜いて「弁護士の妻」となる女性は、どんなタイプの方が多いのでしょうか。弁護士が「この人と結婚したい!」と思う女性のタイプについて見てみましょう。

信頼できる堅実な女性

弁護士は人間関係で生じた争いに対処するお仕事。「借金問題」「相続問題」「離婚問題」などといったトラブルに関わり、人間のダークサイドを垣間見ることも多いでしょう。

そのため弁護士男性は、自分の結婚相手を選ぶ際に、想像以上に慎重に相手を見定めようとします。「誠実であるかどうか」「トラブルを起こさないかどうか」「本当に信頼できる女性かどうか」などなど。弁護士の方は「私生活までトラブルに巻き込まれるような事態は、絶対に避けたい」と考えるのです。

弁護士が結婚相手として選ぶのは、信頼できる女性であり、約束を堅実に守る女性です。弁護士の方を相手に婚活を進める際は、とりわけ軽率な行動を慎み、意識して誠実な一面を見せましょう。

ちなみに弁護士は、離婚問題のトラブルや、浮気のシビアな代償などを日々目撃しているので、結婚後、自分が浮気することは少ないと言われています。

知的で聡明な女性

弁護士は高度に知的な職業のひとつ。学歴も高く、頭脳明晰な方ばかりです。そんな弁護士の男性は、結婚相手の女性に、聡明さや知的さを求める傾向があります。

実際のところ、弁護士と結婚した女性は、知的なハイキャリアを持つ方も多いです。相手の話しを的確に理解できる能力や、ある程度の教養は、「弁護士の妻」には必須でしょう。

また弁護士は理論的で冷静な判断が必要なお仕事。普段から感情に流されず、物事を理詰めで考えます。そのため感情的なタイプの女性は、弁護士男性に敬遠される傾向も。弁護士の方と話す際は、知的で落ち着いた話し方を意識することをお勧めします。

寛大で包容力のある女性

弁護士は責任のあるお仕事です。複雑な人間関係のトラブルを目にし、多大なストレスを抱えることもあるでしょう。また基本的に弁護士は激務で、土日も出勤することも少なくありません。多忙な時期はほとんど家に帰れないこともあります。

そんな多忙でストレスフルな日々を送る弁護士は、寛大で包容力のある女性を求めます。忙しい一日を終えて疲れて帰宅したら、ニコニコと笑顔で迎えてくれるような女性を奥さんにしたいと考えています。

弁護士という仕事の大変さを理解し、暖かく支えてくれる女性。夫が忙しくて不在がちでも文句を言わず、ストレスを癒やしてくれる女性は、弁護士男性の「理想的な奥さん」かもしれません。

弁護士との結婚なら結婚相談所がベスト!

結婚相談所 弁護士

ハイステイタスで一目おかれる職業である弁護士。日常生活の中で自然に出会えることはまず無いため、弁護士の方と出会いたいなら、結婚相談所でお相手探しをするのがベストでしょう。結婚相談所では、結婚願望のある独身の弁護士男性を、効率的に探すことができます。

弁護士は多忙でなかなか婚活する時間も取れないため、結婚相談所のさまざまな「代行サービス」は好評です。例えば担当アドバイザーが付くタイプの結婚相談所では、お見合いのセッティングや日時調整、返事の代行なども、本人に替わって担当アドバイザーが請け負います。

仕事ができるハイスペックな方は、時間をお金で買います。結婚相談所でかかる料金は、他の婚活手段より高いかもしれませんが、その分効率がよく、婚活疲れする前に結婚を決められる可能性が高いのです。

コンシェルジュサービスのある結婚相談所

私たち結婚相談所ハッピーカムカムは、創業21年を迎える老舗の結婚相談所です。成婚率は52.2%、今までの成婚カップルは2100組を超えました。婚活サービスのきめ細やかさには定評があり、常にワンランク上のサービスを提供しています。

担当アドバイザーによるお見合いの日程調整や返事の代行などはもちろんのこと、さらに上質な「コンシェルジュサービス」も実施しています。「コンシェルジュサービス」では、会員さまの婚活をスムーズに進めるために、一見さんお断りの会員制バーや高級レストランの予約なども承ります。

結婚相談所ハッピーカムカムには、弁護士や医師などのハイクラス層の会員さまも多数いらっしゃいます。ワンランク上の婚活サービスを受けながら、効率よくお相手探しをしませんか?無料カウンセリングは毎月人数を限定して実施しておりますので、早めのご予約をお待ちしております!

Copyright© 東京の結婚相談所ハッピーカムカム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.