MARRIAGE AGENCY COLUMN

結婚相談所コラム

カテゴリー

職業(医師・弁護士・薬剤師)

結婚相談所で公認会計士と出会える?公認会計士と成婚するためのヒントは?

結婚相談所 公認会計士

「公認会計士と結婚して、安定した結婚生活を送りたい!」

日本の「三大国家資格」といえば、医師、弁護士、公認会計士。公認会計士は経済界で最も権威のある職業のひとつで、「国家資格のエリート職」とも言われます。

また公認会計士は、高収入が期待できる職業。ニーズの多い仕事でもあるので、仕事に困ることはまず無いでしょう。高収入で安定した仕事となると、結婚相手の職業として理想的ですね。実際に公認会計士は、婚活市場で人気の職業です。

それでは公認会計士の男性と出会うには、どんな方法が考えられるのでしょうか。また結婚相談所に入会すれば、公認会計士の方に出会うことができるのでしょうか。

・公認会計士の方に出会える方法は?
・結婚相談所で婚活すれば、公認会計士に出会える?
・公認会計士が好む女性のタイプは?

公認会計士と結婚を前提としたお付き合いをしたい方に。公認会計士の方と結婚するメリット・デメリットや、婚活を進める際のヒントなど、まとめてみました!

公認会計士は「結婚したい職業」でも人気

結婚相談所 公認会計士

公認会計士とは、会計・経理業務を担う会計士のなかで、国家資格を取得した人のこと。公認会計士の試験は難易度が高く、その合格率は10%程度だと言われます。

高度な専門性が必要になる公認会計士は、高い年収が期待できる職業です。実際に公認会計士の平均年収は高く、公認会計士および税理士の年収は「638万円」というデータがあります。

<公認会計士は高収入?>

公認会計士および税理士の年収の平均:638万円

(令和元年賃金構造基本統計調査より)

ただこの平均年収には、公認会計士だけでなく、税理士の年収も含まれています。公認会計士の年収は税理士より高いと考えられるため、一般的に公認会計士の年収の目安は「700~900万」位になるでしょう。

公認会計士の主な仕事内容は、企業の監査、税務業務など。公認会計士という職業の展望は明るく、今後ますます需要が増える見込みがあります。ちなみに公認会計士は男性の方が圧倒的に多く、約8割が男性になります。

<公認会計士のお仕事概要>

・仕事内容:監査業務・税務業務・コンサルティング業務など
・将来性: 需要はますます増えている
・平均年収:およそ700~900万円
・男女比:男8:女2

公認会計士の学歴としては、慶應義塾大学や早稲田大学、中央大学、明治大学などの出身の方が多いと言われます。以前は東京大学、一橋大学卒の方も多かった様子。いずれにせよ、公認会計士は高学歴の方がほとんどの職業になります。

公認会計士と結婚するメリットは?

公認会計士というと「高学歴」「エリート」「お金持ち」などというイメージがあるかもしれませんね。実際に公認会計士は育ちがよく、裕福な家庭環境で育った方が少なくありません。そんな公認会計士と結婚すると、一体どんなメリットがあるのでしょうか。

・公認会計士は安定した職業

公認会計士は将来性も明るく、需要の高い職業のひとつ。公認会計士を必要とする企業は多く、ほぼ仕事に困ることはありません。転職もしやすく、働き方の選択肢は多いと言えるでしょう。安定した高収入を期待することもできます。

・社会的なステイタス・信用度が高い

公認会計士は社会からの信頼も厚く、その肩書きはビジネス面でも一目おかれます。住宅ローンなども組みやすく、金利を優遇されることなどもあります。

・長期休暇をとることも可能

公認会計士の仕事には繁忙期があります。忙しい時は激務になりがちですが、繁忙期が終わると、時間的な余裕ができます。そのため閑散期に、数週間の長期休暇をとることが可能な場合も。繁忙期後の休暇に海外旅行の計画なども立てられます。

一般的に、公認会計士が忙しい時期は4~5月、比較的時間に余裕ができる時期は8月、11月(3月決算会社の監査チーム配属の場合)。閑散期に長期休暇をとれる場合は、優雅なバカンスが実現する可能性もあります。幸せな結婚生活の夢がふくらみますね。

公認会計士と結婚するデメリットは?

公認会計士との結婚には経済的な余裕が期待できますが、何かデメリットなどはあるのでしょうか。公認会計士との結婚で考えられるデメリットについて見てみましょう。

・繁忙期はとにかく忙しい

日本企業は3月決算が多いので、公認会計士による監査業務は4~5月に集中します。この期間はとにかく忙しく、毎日終電で帰宅、土日も出勤が続くことも。ゴールデンウイークもまず休むことはできません。

・家事、育児の分担は期待できない

公認会計士の繁忙期はとにかく激務で、家事・育児の分担などは全く期待できません。職場によっては、繁忙期でなくても忙しく、定時に帰るのが難しい所もあります。

・常に勉強が必要なお仕事

公認会計士の資格は一生ものですが、常に勉強を続ける必要があります。新しい会計基準や法改正に対応し、知識をブラッシュアップしなくてはいけません。公認会計士は仕事だけでなく、勉強にも時間がとられる職業だということを覚えておきましょう。

公認会計士は繁忙期のあるお仕事です。決算期はとにかく多忙で、ゆっくりと顔を合わせることもできず、妻として寂しい思いをするかもしれません。

また仕事と勉強に忙しい夫に、家事・育児の分担を期待するのは難しい場合もあります。夫が忙しい時期はワンオペ家事・育児でがんばる覚悟が必要になるでしょう。

公認会計士の男性と、どこで出会える?

結婚相談所 公認会計士

公認会計士のお仕事には将来性があり、結婚相手として魅力的ですね。それでは独身で結婚願望のある公認会計士と出会い、結婚前提のお付き合いをするためには、どんな婚活方法が考えられるのでしょうか。

また公認会計士の男性は、どこで知り合った女性と結婚することが多いのでしょうか。公認会計士男性の婚活事情、結婚事情について見てみましょう。

公認会計士の結婚事情

公認会計士の男女比は「男8:女2」と言われます。最近は女性の割合も増えつつありますが、まだまだ男性の方が圧倒的に多いお仕事です。

そんな公認会計士の男性は、学生時代からお付き合いしている女性や、同じ職場に勤める女性と結婚することが多いようです。

<公認会計士の結婚相手>

・学生時代からの同級生、恋人
・同じ職場で勤務する女性

公認会計士の職場は圧倒的に男性が多く、「職場に出会いがない」という方も少なくありません。そのような職場環境にいる独身の公認会計士は、プライベートな場で出会いのチャンスを探しています。

公認会計士の方は婚活方法として、婚活アプリや婚活パーティーなどよりも、結婚相談所を選ぶ傾向があります。仕事柄、公認会計士は堅実な方が多く、身元のしっかりした方と安心して婚活できる結婚相談所を利用することが多いのです。

効率よく出会うなら、結婚相談所がベスト!

結婚相談所に登録する公認会計士の男性は少なくありません。公認会計士は職場での出会いが少ない職業ですが、婚活市場では人気があります。そのため、多くの女性と出会うチャンスのある結婚相談所は、公認会計士男性にとってメリットが多いのです。

また公認会計士と結婚したい女性にとっても、結婚相談所は嬉しいメリットがあります。

高収入な士業である公認会計士は大変モテるため、婚活アプリや婚活パーティーなどで「自分は公認会計士」と職業を偽って、女性の目をひこうとする男性もいます。しかし身分証明のしっかりした結婚相談所では、入会時に各種証明書類の提出が必須なため、職業を詐称される心配がありません。

婚活パーティーなどには偽物の公認会計士がいる可能性もありますが、結婚相談所に登録する公認会計士は、正真正銘、100%本物の公認会計士です。この安心感は重要ですね。

公認会計士の男性にも、公認会計士と結婚したい女性にとっても、結婚相談所はベストな婚活方法となるでしょう。

公認会計士が結婚相手に選ぶ女性のタイプは?

結婚相談所 公認会計士

医師・弁護士・公認会計士などの「士業」は、高収入・高ステイタスな職業なので、婚活市場で非常にモテます。そのため公認会計士の男性は、女性から積極的なアプローチを受けることも多いでしょう。公認会計士で他のスペックも高い方となると、競争率が相当高くなることも考えられます。

それでは公認会計士の男性は、どんなタイプの女性を好む傾向があるのでしょうか。公認会計士が結婚相手に選ぶ女性のタイプについて見てみましょう。

金銭感覚のしっかりした女性

公認会計士は企業のお金を管理し、経営のサポートをするお仕事。当然、数字に強く、お金に対する感覚がシビアな方が多いです。お金に関する知識もあるため、家の「家計管理」が気になる方も多いでしょう。

そのため公認会計士は、自分の結婚相手に「金銭感覚のしっかりとした女性」「自分と同じような金銭感覚の女性」を選ぶことが多いようです。逆に「浪費が多く無駄遣いしがちな女性」「金遣いの荒い女性」は避けられる傾向があります。

また公認会計士の夫は、家の家計にもつい口出しが多くなることも考えられます。公認会計士の妻には、夫の意見を聞き入れる素直さ、堅実に節約できる賢さが必要かもしれません。

知的で聡明な女性

公認会計士は高度に知的な専門職で、高学歴な方がほとんど。そのため公認会計士の方は、自分の結婚相手にもある程度の学歴や知的さを求めることが多いと言えます。

外見の華やかさより、聡明さや堅実さといった「内面の充実度」が重視される傾向もあるでしょう。見た目の好みに関しては個人差が大きいかもしれませんが、あえて言うなら清楚で女性らしく、上品で柔和な印象の女性が好まれます。

家庭的な一面も大事

公認会計士は繁忙期のある仕事。忙しい時期は家庭のことを気にかける余裕もなく「家事・育児は妻に任せたい」と考えます。そのため公認会計士の妻は、ワンオペで家事をこなせる女性、家庭的な女性が向いていると言えます。

夫の仕事がいくら忙しくても文句を言わず、疲れた夫を暖かく支える妻は、公認会計士にとって理想的な奥さんでしょう。公認会計士の方との婚活では、家庭的な一面をアピールすることがお勧めです。

ちなみに以前、公認会計士の方は「妻は専業主婦になってほしい」という考えの方が多かったのですが、最近では共働きを希望する方も少なくありません。その場合、自分も働きつつ家事をこなす器用さが必要になるかもしれませんね。

結婚相談所で出会いのチャンスを!

結婚相談所 公認会計士

公認会計士の方は、東京在住の方がほとんど。地方よりも圧倒的に東京に集中しているお仕事と言えるでしょう。地方に転勤になるケースもほとんど無いので、「結婚してからもずっと東京に住みたい」という方には最適かもしれませんね。

そのため公認会計士の方と出会うためには、東京の結婚相談所に入会し、東京で婚活することが近道になるでしょう。

東京には数多くの結婚相談所があるので、どこを選ぶか迷うかもしれませんが、「ハイスペックな会員が多く登録している結婚相談所」「きめ細かな婚活サービスが提供される結婚相談所」がおすすめです。成婚率の高さや今までの実績なども、ひとつの目安となります。

きめ細やかな婚活サービスを提供

私たち結婚相談所ハッピーカムカムは、東京の恵比寿と銀座に婚活サロンを構える結婚相談所。今年で創業21年になる老舗の相談所です。年間の成婚率は52.2%、今までの成婚カップルは累計2100組を超えました。

きめ細やかな婚活サービスに定評があり、ワンランク上のサービスを提供しています。担当アドバイザーによる「コンシェルジュサービス」では、会員さまの要望に広く応え、特に忙しい会員さまにご好評いただいております。

公式HPの「ご成婚者さまの喜びの声」では、当社の成婚カップルさまの実際のお声を公開中です。公認会計士や医療関係者、会社経営など、職業別で見ることもできるため、どうぞご参考に。

「ご成婚者さまの喜びの声」

入会前の無料カウンセリングは、毎月人数を限定して受け付けております。人数枠が一杯になる前に、どうぞ早めにご予約を!

Copyright© 東京の結婚相談所ハッピーカムカム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.